03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

青いとり

2011/10/23
本屋さんへ行きました。

少しココロが沈んでいたので自然と、
元気が出る本のコーナーに足が向かいました。



素敵な本に出会いました。

11102301

「青いとりの本」

優しい版画とココロに響く言葉。


11102302

開いたページの言葉を、
その時の自分の状況に照らし合わせます。


11102303

ページごとに違うメッセージが書いてあります。

何故かどのページを開いても、
今の私のココロに響きます。


青いとりが、私の力になってくれそうです。




良い日になりますように

スポンサーサイト
12:07 本のこと | コメント(2) | トラックバック(0)

色はいろいろ

2011/05/31
今朝、思ったのです。
あぁ~私ってなんて頭が固いのでしょうと。

昨日のとんぼ玉の色を、
コメント下さったseaさんは、ペパーミントと例えて下さいました。

HANAさんはソーダキャンディーのようだ!と!
それを読んで、お二人共なんて素敵な呼び名を♪と感激しました。
さすがです~
その頭の柔軟さを見習いたいです~

私ったら、素敵な呼び名が思いつかなくて・・。


こんな本を持っているのにー

11053101

この本は、色が和名と外来名とで沢山載っているのです。


11053107

ミントグリーン。
この玉の色は、まさにミントグリーンですね。

あ、昨日の玉とは模様が違います。
でも地色は一緒です。


11053102

和名だと、若竹色が近いかな。
あ、これも違う玉。・・へへ。


11053104

これは、私の気になる色。
この本を買うきっかけになった「甕覗き色」。

最初、この色名の文字だけ見て、どんな色か気になって気になって、
本屋でこの本を手にとりました。

由来は、甕に入った藍汁に短時間布を浸けただけの淡い藍色。
あるいは、甕に張られた水を覗き込んだ時に写った空の色。だとか。

私は、なんとなく後者の表現の方が、情緒を感じて好きだなぁ。


11053105

そして、この本のもうひとつの魅力は写真が美しいこと。

あ、カメラとパソコンを通しているので
全体に本当の色とは違うかと思います。


11053106

blue の世界も素敵よ~

折角だから、この本をもっと活用しましょう。
これから、いちいち面倒くさい呼び名を書くかも♪
そして、感じたままの素直な表現ができるようになりたいなぁ。

お二人のお陰で世界が広がります。
ありがとうございます



良い日になりますように
18:21 本のこと | コメント(16) | トラックバック(0)

アンの景色

2011/01/08
子供の頃、本が大好きでした。
一度読んだ本でも、何度も繰り返して読みました。

定番の「赤毛のアン」や「小公女」「十五少年漂流記」・・
などの少年少女文学全集や「赤と黒」などなど・・・

その後は、もっぱら推理小説を読みました。

今は、あまり読みません
物を作る方が楽しくて・・・言い訳

でも、本屋さんや本は大好きです。
本屋さんの匂い?印刷の匂いかな?癒される~
用がなくても、ふらふらと本屋さんをさまよっています。

そんなある日に見つけた写真集です。

11010801

ひと目で気にいっちゃった


11010802

「赤毛のアン」を読みながら空想した景色が


11010803

私のツボをくすぐる写真がたくさん。


11010804

行ってみたいなぁー


Have a nice weekend
12:11 本のこと | コメント(14) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。